「ダイヤモンドの指輪は愛する人から贈られてつけるもの。自分で買ってつけるものではない。」と信じている人、あなたの周りにいませんか?

いえそう信じている人を非難するつもりはまったくないのです。

 

現にブライダルのスタートはダイヤモンドの指輪を買ってプロポーズすることから、というくらい欠かせないアイテムであることも事実ですから。

ですがブライダルと関係がないという理由だけでダイヤモンドの指輪を身につけないのはとてももったいないことです。

 

なぜってダイヤモンドは女性をいちばん美しく見せる宝石ですから。

今回は「ダイヤモンドの指輪を自分で買うこと」についてみていきましょう。

自分用にダイヤモンドの指輪を買うのは自由

ある調査によると日本では婚約指輪にダイヤモンドを選ぶ人は全体の94,5%にもなります。
やはりというか圧倒的にダイヤモンドの人気は高いのです。

独身でダイヤモンドの指輪を買うのはあり?なし?

一方、日本よりもジュエリーとのつきあいがずっと昔からある諸外国では

家に代々伝わる指輪を贈ったり女性の誕生石を指輪にしたりとダイヤモンド一辺倒ではない様です。

 

この調査からもわかるようにどうしても日本の場合、ダイヤモンドの指輪=ブライダルのイメージが強くあります。

このため自分用のジュエリー購入といった時にダイヤモンドの指輪を選びにくい雰囲気が買う側にも売る側にもなんとなくあるようです。

贈られる宝石から自分で買う宝石への変化

依然としてダイヤモンドの指輪=ブライダルで贈られるものというイメージがある一方、

近年では自分への贈り物としてダイヤモンドの指輪を自分で購入するということが普通のことになりました。

 

昔に比べて女性は自立しています。

経済力がついてきた現れともいわれていますが女性たちがイメージにとらわれずに自由にダイヤモンドの指輪(などのジュエリー)を買う時代です。

 

自分へのご褒美として買う人、誕生日や記念日に買う人、資産として買う人、などさまざまです。

 

またこうしたことの背景には恋愛や結婚に対する意識の変化も少なからずあるようで

男性からのアクションを待つのではなくて自由に自分の時間を楽しむためのアイテムとしてダイヤモンドを購入します。

 

日本の女性はなにごとにつけても受け身という時代は終わりました。

自分用のダイヤモンドリングの選び方

女性は流行に敏感です、というより女性たちが新しい流行を作り出しているといえます。
コスメ然り、ファッション然り。

 

しかしジュエリーだけは流行にとらわれずに選ばれる傾向にあります。

よく「宝石は一生もの」といいますが年を取ってからも身につけられるもの(多少のリメイクはしても)

自分の子供や孫へと受け継いでいけるもの、といった視点を持って選ぶ人も少なくありません。

 

自分で自分に買うジュエリーはただのアクセサリーではなくてその人を表すシンボル的なものであり、その人にとってのお守り的なものでもあるからです。

さらに容姿も年とともに変化します。

 

指輪をはめる指(手)は顔よりも年齢がハッキリと現れる場所です。

若い頃には似合っていた指輪が年を取ると似合わなくなるということもよくありますので、そのあたりも考慮して選ぶ人が多いようです。

ダイヤモンドリングと芸能人

ダイヤモンドに限らずジュエリーはただ持っていればいいというものでもありません。

お気に入りの大切なジュエリーであるほど身につけ方や見せ方がポイントになります。

 

そんな時に参考にしたいのがハリウッド女優や海外セレブです。
(もちろん彼ら・彼女らがつけている宝石は0の数があまりにも違いますけれど・・・)

 

アカデミー賞授賞式で女優たちが身につけているまばゆいばかりのジュエリー

同じものをつける機会はないにしてもドレスとの色味の合わせ方などのコーディネイトは参考になります。

 

またハリウッド映画には宝石が主役級に扱われている作品も多く使い方のコツが学べます。

 

有名なところではマリリン・モンローの「紳士は金髪がお好き」

この作中でマリリン・モンローが歌った「ダイヤモンドは女の子の親友」という歌詞は象徴的です。

 

ティファニー社がジュエリー製作をした「華麗なるギャツビー」やカルティエ社のジュエリーが多数出てくる「グレース・オブ・モナコ」

ショパールが提供したジュエリーが登場人物を彩る「NINE」など、まだまだこれ以外にも多くの作品があります。

 

また最近では有名セレブが自分のファッションをインスタグラムにあげていることも珍しくないのでジュエリーの使い方などをチェックすることもできます。

ダイヤモンドの指輪をつけるのに独身・既婚は関係ない

ここまで読んできた皆さんであれば独身だろうと既婚だろうと自由にダイヤモンドの指輪を楽しめばいい、ということを理解していただいたと思います。

ただひとつ気をつけたほうがいいことがあるとすればそれは指輪をつける指。

 

特に独身の皆さん、右手の薬指は片思いの人やおつきあい中の人がいることを、左手の薬指は将来を誓った人がいることを

それぞれ表しているのでお相手募集中の人は薬指以外につけたほうがいいと思われます。

指輪をつける指の意味

10本の指にはそれぞれ指輪をつける意味があります。
なりたい自分や求める状況に合わせてつけてみましょう。

 

右手 左手
小指 自信を高める リラックス効果あり
薬指 心が安定する 愛・絆が深まる
中指 迅速な行動を促す 人間関係を良好にする
人差し指 能力をアップさせる 勇気を与える
親指 指導者の指、リーダーシップを示す 信念を貫く力

 

自分用にダイヤモンドの指輪をつけるのにおすすめの指は?

一般的に右手につける指輪は「現実」に影響し左手につける指輪は「精神」に影響するとされています。

現実問題として課題を克服したい人や現状を変えたい人は右手の指に、精神的なことを改善したい人は左手の指に指輪をつけましょう。

 

そして上の表を参考にして今の自分に必要だと思う要素を表す指に指輪をつけて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

いまやダイヤモンドの指輪は贈られるものだけではなく自分で買うものでもあります。
(だからといって贈られるのを拒んでいるわけではありませんので男性の皆さんは誤解なさらないようにお願いしますね)

 

人生をより楽しく輝かせるダイヤモンドの指輪、自分で買いませんか?